治療

すそわきが|手術という選択は本当に大丈夫?5つの治療法を検証

更新日:

治療法を検証するわよ

女性にとって深刻な悩み「すそわきが」。

 

実は、私この「すそわきが」に長い間悩まされていました。

 

マンガ制作のアシスタントという職業のため、椅子に一日中座りっぱなしなことも…。

すると、アソコからのにおいが時間が経つうちにどんどん強くなり、気になって気になって仕方がなくて仕事に集中できないのです!

 

手術も考えました。手術という選択はリスクを伴うので、とても重い決断です。

この決断をする前に、きちんと「すそわきがの治療法」について知ろうと思い情報をまとめましたので、同じ悩みを持つ皆さんに共有させていただきます。

 

すそわきがの治療法として現在主要な5つをピックアップしています。

この記事を読むと、「すそわきが治療の現状」が分かりますので、手術を考えている人は読んでみてください♪

 

「すそわきが」とは

「すそわきが」という症状を知ってるかね?

すそわきがの治療方法をより理解するために、「すそわきが」について、少し詳しくお話しますね。

 

人の体にある汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。

「わきが」などにおいの原因は、アポクリン汗腺から出る汗です。

 

このアポクリン汗腺は、乳首や耳の中、陰部などにも存在します。

そのため、「わきが」と同じように陰部からも臭いが発生するという訳です。

 

陰部のアポクリン汗腺の本数や汗の分泌量が多いために「すそわきが」になりやすい事も考えられますが、遺伝でもあったりします。

アポクリン汗腺の数などが、遺伝している場合もあるのです。

その場合、親が「わきが」体質であると、子どもも「わきが」になりやすいです。

 

すそわきがの5つの治療法

痛くない治療法もあるのよ

 

すそわきがには、様々な治療法があります。

「手術」という方法や、「切らない治療法」など。

 

手術という選択は、体を切る訳ですから負担が大きいですね。

手術を考えている場合、どんな効果やデメリットがあるかなどを事前に調べておく必要があります。

すそわきがの治療法を迷っている方のご参考になったら嬉しいです♪

 

皮下組織削除法

皮膚を切開して、特殊器具を皮下組織に挿入。

そして、においの元であるアポクリン腺を切除します。

効果が高いだけでなく、傷口が小さくすみます。

アポクリン汗腺を減らすという方法なので、においの元である部分が減り、結果においを抑える効果があります。

 

超音波吸引法

超音波メスで手術を行う。

陰毛が生えている一番上の左右に切り込みをいれて、そこから超音波メスを挿入。

超音波により発生した熱でアポクリン汗腺を破壊・吸収します。

これもアポクリン汗腺を破壊することで、においの元の部分を少なくする治療で、においケアの効果が期待できます。

 

ビューホット治療

高周波を用いた方法で、切らない治療法です。

細い針から出る高周波が、エクリン腺の働きを抑制し、余分な汗を抑えます。

すそわきがのにおいの原因であるアポクリン腺も熱で凝縮し、ニオイ予防が期待できます。

 

ボトックス注射

陰部に「ボトックス」という薬剤を注射する。

ボトックスは、海や川などに生息するボツリヌス菌が作る毒素を弱めたもの。

ボトックス注射の毒素は、最大限に毒素を弱くしているので危険性はありません。

この毒素により、エクリン汗腺の働きを弱めてくれます。

それによって汗を抑え、細菌の増殖を抑制することになります。

 

電気凝固法

陰部に針を注射し、高周波電流を流す事で、毛根と同時にアポクリン腺を固める(凝固)方法。

切らない治療法。

 

 

5つの治療法のデメリットは?

デメリットを教えよう

では、これらの治療法のデメリットもみていきましょう。

 

皮下組織削除法

  • 傷口は小さいが、何カ所も切れ目を入れるので、傷跡が数カ所残ることになる
  • 皮膚を薄く削るので、皮膚の硬化や変色が出てくることがある

 

超音波吸引法

  • アポクリン汗腺がすべて取り切れないことがある
  • 色素沈着の可能性がある

 

ビューホット

  • 費用が高額
  • 治療を受けられるクリニックが少ない

 

ボトックス注射

  • 効果の持続は、約6か月間
  • 汗に効く治療なので、においに効果を発揮しない事もある

 

電気凝固法

  • 再発の可能性がある
  • 何度も治療を受けることで、すそわきがの臭いを抑える効果を持続させることができる。

 

 

このように、「すそわきが」の5つの治療法には、デメリットもあります。

切らない治療法もありますが、高額だったり再発の可能性があったりもします。

手術を選ぶか、切らない治療法を選ぶかは、自分のすそわきがの状態や予算なども考慮して決めた方が良さそうです。

 

すそわきがの5つの治療法の費用は?

そんなに高いのか

さて、すそわきがの治療には一体いくらぐらいかかるのでしょうか?

チェックしていきましょう♪

 

✅皮下組織削除法:約20万円~35万円

✅超音波吸引法:約20万円~35万円

✅ビューホット:約30万円~40万円

<関連記事:すそわきがの最新治療|ビューホットのメリット・デメリットは?

✅ボトックス注射:約8万円~14万円

<関連記事:すそわきが治療のボトックス注射は毒素で臭い抑制!?その効果は

✅電気凝固法:約8万円~13万円

<関連記事:すそわきが治療|電気凝固法は1回で効果なし!?気になる通院回数は?

 

手術などは、やっぱり高額です。

保険が適用されるところも、ほとんどないようですので、全額自費となります。

 

病院によって費用は変わってきますので、手術を決断された方は、きちんと調べてから病院へ行くことをお勧めします。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

すそわきがの5つの治療法をピックアップして、検証してみました。

 

手術は、メリットもありますがデメリットもあります。

皮膚を切る訳ですから、その分覚悟も必要です。そして、お金も必要です。

 

しかし、切らない治療法はお金が高かったり、再発の可能性が高くなったりというデメリットなどもありました。

 

悩んだ末の「すそわきが」の治療。

 

「手術で皮膚を切ったのに、陰部の臭いが解決できなかった。」

「高額なお金を出して治療をしたのに、また再発!」

なんて、絶対に嫌!

 

市販で売られている、すそわきが対策商品をまずは試してみるという方法もあります。

当時費用面で諦めた私は、他に方法はないかと色々サイトを見ていたら、市販で売られている「すそわきが」対策商品が、たくさんある事を知りました。

最初からリスクを伴う治療は、やっぱり勇気がいりますよね。

 

長年の「すそわきが」の悩みを改善するために、リスクを伴うものからではなく、気軽に試すことのできるものから使ってみて、それで改善されれば言う事なしですよね!

 

私はすそわきが対策商品を使い出した結果、日中のにおいは抑えられるようになりました。

薬局で売られている市販品よりも本当に効果がある商品だけを試してみて下さい。

管理人がおススメする厳選3商品はこちらから→<リンクを貼る>

 

 

 

※当サイトで使用している画像は全て佐藤秀峰先生の作品である「ブラックジャックによろしく」の画像を使用させていただいております。

タイトル:ブラックジャックによろしく

著作者名:佐藤秀峰

-治療

Copyright© 【すそわきがジャックによろしく】 , 2017 AllRights Reserved.